プロアクティブ 医薬部外品 意味

プロアクティブ+の成分表示にある”医薬部外品って何!?

 

プロアクティブ+皆さんもご存知のように知名度もあり、愛用者も多い商品だともいます。そこで、購入予定の方は、その成分表示などを見ることもあるかもしれませんねwwでもそこで、案外多くの方が、スルーしている項目があるのです。皆さんは以下の”医薬部外品”って、どんな意味か知っているでしょうか??

 

【プロアクティブ+の公式サイトの表示】

 

ちなみにですが、私は言葉だけで意味はさっぱり分かりませんでした・・・(。´・ω・)?

 

私なりに以下に、医薬品、医薬部外品、薬用、化粧品などなどプロアクティブ+に限ったことではないのですが、普段よく目にする言葉なので以下に詳しくその意味を調べて載せておきます。知っておくと、案外参考になるともうので目を通しておくとよいと思います。

 

 

プロアクティブ+の”医薬部外品”の意味はこれ!!

 

 

医薬品の意味

 

 

、医薬的効果のある成分が配合された治療や予防に効果のある薬品です。医療用医薬品は医師が処方する薬の事です。一般用医薬品は、医師の処方箋ナシで購入ができる薬です。そのため医療用に比べて作用は緩やかですが、化粧品や医薬部外品と比べると効き目の強いものが該当します。

 

当然ですが、効果が強く出る反面、その使用者の体質によっては合わないなど副作用もまれにあるので慎重に処方したいところです。正しい知識を持って購入し、正しい使用方法をするのがポイントになります。

 

 

 

医薬部外品(薬用)の意味

 

 

この医薬部外品は”薬用”とも言われます。医薬品と化粧品の間に位置するものです。医薬品ではありませんが、医薬品に準ずるものです。ある目的に対する有効成分が一定量が配合されているもので、効果はあるけれど、医薬品ほどの強さではなく予防のために使われます。ちなみに、薬用化粧品や薬用石鹸は、医薬部外品に該当します。

 

なお、医薬品・医薬部外品は「有効成分」を記載することができます。化粧品は「有効成分」という謳い方はできません。なので、化粧品の全成分表示を見るとき、その商品が医薬部外品なのか化粧品なのかは「有効成分」の明記があるかどうかでもはっきりと分かります。

 

 

化粧品の意味

 

 

美容を目的として開発された商品のことです。「化粧品」というくくりは、じつは、ファンデーションやアイシャドウなどのメイクアップ用品以外にも、さまざまな商品が該当するのです。「これは化粧品ではないでしょ?」言いたくもなるような意外な商品もじつは化粧品と呼ばれるカテゴリーだったりします。例えばですが、バスソルトや歯磨き粉、もその化粧品というカテゴリーの一つです。作用は医薬品や医薬部外品に比べると緩やかです。

 

 

プロアクティブ+は医薬部外品 有効成分について!?

 

 

 

【有効成分:サリチル酸】

 

ヤナギの一種セイヨウシロヤナギの樹皮から結晶として発見されたサリチル酸には角質を薄くして柔軟にする働きがあります。サリチル酸が配合された洗顔料を使用することで、化粧水や美容液の有効成分の浸透力を高めることが可能です。

 

高い抗菌・殺菌作用によりニキビの原因菌(アクネ菌)の繁殖を防ぐ作用も期待できるので、ピーリング剤や、化粧水・美容液などの保湿基礎化粧品にも使われます。ニキビケアには欠かせない成分と言ます。

 

 

【ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)】

 

ビタミンCは、化学の分野ではアスコルビン酸と呼ばれており、昔から肌に良いと言われてきました。しかし、浸透性に欠けている為、その効果を十分に発揮できませんそこで、浸透しやすいように改良したものが、ビタミンC誘導体です。

 

・アスコルビン酸グルコシドとは!?
アスコルビン酸にグルコースを結合させた、水溶性のビタミンC誘導体で、別名はL-アスコルビン酸-2グルコシド。グルコシド基は、肌内部で分解されにくいため、ビタミンCとしての効果が弱いという意見もあります。

 


こんな感じで少し難しいのでそこまで気になされる方もほとんどいないでしょうが、以上でプロアクティブ+が医薬部外品で、明記されている”有効成分”の内容になるのです。成分にもこだわって開発されていることが良く分かります。もし、購入されるのであれば、成分表示のところも少し気にしてみてはと思います(・∀・)b

 

 

▼本気でニキビケアするなら!▼

プロアクティブ+30日セット登場!