プロアクティブ+ プロアクティブ 違い

プロアクティブ+(新)とプロアクティブ(旧)の違いって何!?

 

 

この画像を見ても分かるようにプロアクティブ(旧)とプロアクティブ+(新)が違うと言う事を皆さんは知っていたでしょうか??

 

因みにいうとですが、実はこの記事を書いている私も詳しい違いが判らなかったのですwwそこで、何がどう違うのかを徹底的に成分、価格、販売方法などから詳しく調べていこうと思います。これから、プロアクティブ+を購入しようと考えている方は参考程度に覚えておいてもらえればともいます。

 

  1. 基本使用方法3ステップの比較
  2. 成分や効果に関する比較
  3. 価格面や販売方法での比較

 

上記の点について違い新旧のプロアクティブを比較します。プロアクティブ+は、基本お手入れが3ステップという手軽さは同じですが、新処方により新たに開発され、さらにパワーアップしたニキビ専門のスキンケア商品ですので参考にると思います。

 

 

プロアクティブ+(新)とプロアクティブ(旧) 商品ラインアップの違い!

 

プロアクティブ(旧)のセット内容

 

 :薬用洗顔料(リニューイング クレンザー)
 :薬用化粧水(リバイタライジング トナー)
 :薬用クリーム(リペアリング トリートメント 朝用
 :夜用クリーム(ナイトクリーム) 夜用
基本3ステップ(ベーシックセット)30日サイズ :¥3900円

 

※各商品ごとの価格を調べてよと思ったのですが、それに関する内容がどうしても見つかりませんでした・・・orz

 

 

プロアクティブ+(新)の内容

 

 :薬用洗顔料(スキンスムージングクレンザー):¥4000円(会員)¥5800円(一般)
 :薬用美容液(ポアターゲティング トリートメント):¥4000円(会員)¥5800円(一般)
 :薬用クリーム(スキンブライトニングハイドレイター ):¥4000円(会員)¥5800円(一般)
基本3ステップ(ベーシックセット)30日サイズ :¥4900円

 


新旧で大きく違うのは、旧プロアクティブで採用されていた、「薬用化粧水」ががなくなり、新プロアクティブは、2ステップが薬用美容液になっている点です。実は新プロアクティブでも、「薬用化粧水」のラインナップがありますが、標準の3ステップには、採用されていないということです。もし、化粧水は是非とも使いたいという場合は、3ステップに加えて、「薬用化粧水」を別途購入して使うことになります。

 

また、旧プロアクティブでは、3ステップ目は、朝と夜とではクリームを使い分けていましたが、新プロアクティブでは、「薬用クリーム」とて一つになりました。プロアクティブ+(新)には、基本の3ステップ以外に以下のアイテムをラインアップしています。

 

  • リバイタライジング トナー(薬用化粧水):¥4000円(会員)¥5800円(一般)
  • アイ ブライトニング セラム(目元用美容液):¥4000円(会員)¥5800円(一般)
  • クリアゾーン ボディウォッシュ(薬用ボディソープ)¥4000円(会員)¥5800円(一般)

 

 

プロアクティブ+(新)とプロアクティブ(旧) 成分と効果の違い!?

 

 

新しいプロアクティブ+は、旧プロアクティブからニキビケア、スキンケア効果がパワーアップしています。何がと言う事になると思うので、大まかにまとめると以下の3つのポイントが明らかに旧プロアクティブにはない効果なので抑えておいてください!

 

【「スマートターゲット テクノロジー」を採用】
有効成分を毛穴の奥まで届ける独自の新技術「スマートターゲットテクノロジー」を採用し、旧プロアクティブに比べ有効成分を毛穴の奥まで素早く浸透することが可能になったのです。

 

【製品全てに有効成分サリチル酸を配合】
ニキビに効果的な、サリチル酸を基本の3ステップアイテムに全て配合したことで、旧プロアクティブに比べて効果アップが望めるようになりました。サリチル酸の効果に関しては別記事( ⇒ プロアクティブ+サリチル酸について!  )でも紹介しています。

 

【ニキビと同時に起こる肌の悩みにも対応】
新プロアクティブでは、ニキビと同時に併発するであろう肌トラブルを想定して開発されています。旧プロアクティブよりスキンケア効果が高まっています。

 

 

▼本気でニキビケアするなら!▼

プロアクティブ+30日セット登場!